宗教のページ
◎私的宗教問題
 一般に宗教に関して述べるのは難しい要素がありすぎます。
それは個人の自由であり、納得のもとに選択したとか、両親の
教育の中に組みこまれていたとか、そのように様々なプロセス
をもって出遭ったものだからです。  
宗教を持つことによって、私達は癒され、活力を見出し、反省や
感謝を促され、少しでも人のために役立つ人間になろうという
生活を静かに送ることができるのだと思います。

 しかし、そのような宗教団体でも、人間の集まりです。
スタートラインは順調でも、そのリーダー格の人物の
在り方によって、カルト化する恐れを秘めています。
もし、あなたの持っている宗教に、そのような事が
なければ幸いと言わねばなりません。
現実にマスコミにも知られていない所で、カルト化した
無名の宗教団体が、あなたを狙っているかもしれません。

特に体調不良を長く訴える人、借金苦、異性問題、
家庭内トラブルなど、格好の餌食となります。
私が経験した宗教体験をもとに、ここに、もし癒されなくなったり
危機感を感じたら、決して良いカルトでないことを書きたいと
思います。(よく自分がカルトに属している事に気づかないと
いうのが見受けられますが、珍しいことではありません。)

まず、断っておきたいのは、カルト自体について肯否を問うのでなく
「自己破壊」を引き起こすカルトに限って、書くということです。
社会問題になっている大きなカルト問題は、ここで素人の私が
取り上げるまでもないからです。くれぐれも、ここでカルトの
賛否を取りあげているわけではないということを、
ご理解頂きたいと思います。
あくまでも個人のフィルターを通してのUPです。

HOME
NEXT